豊胸術・豊胸手術TOP | 豊胸の前に | 豊胸術・豊胸手術 | バストアップ豆知識 | リンク集 |

胸が小さい原因

胸の小さい主な原因はホルモンバランスの崩れ?

胸の小さい原因にはいろいろな要因があると思いますが、主な原因として考えられているのが「ホルモンバランスの崩れ」です。特に胸の場合、女性ホルモンの分泌が何らかの要因によって阻止されているということだといわれています。

そのため、胸が小さいことで悩んでいる女性には、貧血や冷え症、生理不順や生理痛など、女性ホルモンが関わる症状にも悩んでいるケースが多いようです。

胸の発育には、エストロゲン・プロゲステロンという女性ホルモンが大きく関わっています。こういった女性ホルモンは思春期に多く分泌され、胸の成長を促します。

そのため胸の発育の時期である思春期の生活習慣が大切になってきます。

例えば胸の発育期に喫煙や過度なダイエットなどで、成長ホルモンの分泌を阻止してうと、胸の発育にも悪影響を及ぼします。

また、食生活や生活時間の乱れなどもホルモンバランスを崩します。食事は濃い味付けや辛いものの摂りすぎ、食べすぎなどがよくないようですので、できるだけ栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。

産後のバストケアも大切

出産後はバストの形が崩れてしまいやすい時期です。出産を前後してホルモンの関係から胸が大きく変化してしまうためです。特に母乳で育児する場合は、バストが崩れやすいといいます。そのためミルクで子育てをする方もいるようです。

産後の女性は赤ちゃんへの授乳のため母乳が出るようになりますが、実際には必要な母乳の量より多く出てしまう方が多いようです。そのため、必要以上に母乳を出してしまい、結果として胸の形が崩れてしまうことになります。

特に初産の場合は母乳の加減がわからないかもしれませんが、必要以上に出過ぎるようならば冷たくぬらしたタオルで冷やすなどして母乳の量を調節するとよいでしょう。

逆に胸が膨らみすぎて線のようなものができる場合もありますが、そういった場合は市販のバストクリームなどを利用してケアするとよいでしょう。

※豊胸を検討する前に楽天市場バストケア商品ランキング

≪お得なエステ体験≫格安で体験♪エステ体験の人気ランキング!




▼同カテゴリー「 豊胸の前に 」の記事一覧
豊胸術・豊胸手術はじめに
胸のつくり
釣鐘型・下垂型の胸
胸が小さい原因
 
豊胸術・豊胸手術TOP | 豊胸の前に | 豊胸術・豊胸手術 | バストアップ豆知識 | リンク集 |