豊胸術・豊胸手術TOP | 豊胸の前に | 豊胸術・豊胸手術 | バストアップ豆知識 | リンク集 |

胸のつくり

胸・バストのしくみ

豊胸の前にまずはバストのしくみ・つくりについて考えて見ます。そもそもバスト・胸とはどういったものなのでしょうか。

胸の構造は大きくわけると、皮膚、乳頭、乳輪、皮下脂肪、乳腺から成り立っています。乳腺とは筋のようなもので乳汁を分泌する器官です。乳腺は乳頭につながっていて、出産の時に乳管を通して母乳を出すなどはたらきがあります。

胸でも皮下脂肪が多い胸は柔らかく形も崩れ易いようですが、乳腺が多い胸は硬く垂れにくい事から形も崩れにくいといいます。

これらバスト・胸の土台となるのが大胸筋です。また、クーバー靭帯といわれるコラーゲン束が乳腺と皮下脂肪を支えることで、胸全体に張りのある状態に保たれています。

豊胸に大きく関わる胸の部分は、胸の皮膚の下にある皮下脂肪と乳腺です。もともと胸自体が90%ほどの皮下脂肪と10%ほどの乳腺からできているのです。皮下脂肪の量や乳腺の発達の具合によって、バスト・胸の形や大きさが決まってくるといっていいでしょう。

皮下脂肪や乳腺の発達と豊胸・バストアップ

ではこの皮下脂肪や乳腺の発達を決める要因は何でしょうか。

バスト・胸の弾力や張りというものは、女性ホルモンの分泌量によって変わってくるといわれています。成長期にあたる時期に適切に女性ホルモンが分泌されることで皮下脂肪が増え、乳腺が発達していくのです。

当然ながら遺伝の問題もあります。遺伝的に女性ホルモンが分泌されにくい、皮下脂肪や乳腺が発達しにくいというケースも実際にあるようです。

ただ女性ホルモンが適切に分泌されるかどうかは、むしろ成長期の生活習慣が大きく関わってきます。食生活や規則正しい生活をするというのは、体の健康にとってだけでなく、バスト・胸の成長にとっても大切なことなのです。

※豊胸を検討する前に楽天市場バストケア商品ランキング

≪お得なエステ体験≫格安で体験♪エステ体験の人気ランキング!




▼同カテゴリー「 豊胸の前に 」の記事一覧
豊胸術・豊胸手術はじめに
胸のつくり
釣鐘型・下垂型の胸
胸が小さい原因
 
豊胸術・豊胸手術TOP | 豊胸の前に | 豊胸術・豊胸手術 | バストアップ豆知識 | リンク集 |