豊胸術・豊胸手術TOP | 豊胸の前に | 豊胸術・豊胸手術 | バストアップ豆知識 | リンク集 |

バッグ挿入法の豊胸

バッグ挿入法による豊胸手術

豊胸手術の中でもっともポピュラーなものに「バッグ挿入法」という豊胸手術があります。バッグ挿入法による豊胸手術とは、バッグプロテーゼと呼ばれる人工乳腺を代胸筋の下や乳腺の下など挿入すし豊胸を実現する豊胸術です。

バッグ挿入法による豊胸手術では、希望のバストの大きさを自由に選ぶことができるのば魅力です。

バッグ挿入法の場合、以前は体内で破れてしまうのを心配することもあったようですが、現在ではバッグの品質や耐久性、治療技術も向上しているので破れる心配はほとんどないと思ってよいでしょう。

施術自体も以前と比べるとかなり短時間ですみ、場合によっては日帰りで手術を受けることも可能になっています。

バッグ挿入法には、バッグを入れる箇所によって大きく下記の2通りに分けられます。

【その1】乳腺の下にバッグを挿入する方法。胸が大きく下垂れ気味の場合に適している。

【その2】大胸筋の下に挿入する方法。胸が小さい場合に適している。

バッグプロテーゼの種類

バッグプロテーゼは豊胸手術の際に乳腺の代わりに使うもので、様々な種類があります。現在では、バイオセル・コヒーシブシリコン、シリコン、生理食塩水、CMC(生体内で脂肪組織を再形成させる方法)などが主なものです。

それぞれに特徴があり、個々のバストの形や体型、脂肪の状態によって適しているものが変わってきます。また美容外科クリニックによって使用するものが異なったりもします。

また、バッグプロテーゼには表面の形状によっても違いがあります。大きくわけると、表面がなめらかなスムースタイプと表面がざらざらしているタイプの2種類です。

スムースタイプのものは、柔らかい感触がありますが、術後のマッサージのケアが必要になります。

一方、表面がざらざらしているタイプのものは、マッサージをする必要もない柔らかい感触の胸に仕上がりますが、横を向いたり仰向けの状態になったときに身体の動きとともに動かないといった不自然な状態になることもあります。

豊胸手術に利用するバッグプロテーゼについては、希望のバストの状態にもよりますので、担当医とよく相談して決めるようにしましょう。

※豊胸を検討する前に楽天市場バストケア商品ランキング

≪お得なエステ体験≫格安で体験♪エステ体験の人気ランキング!




▼同カテゴリー「 豊胸術・豊胸手術 」の記事一覧
豊胸のメリットとデメリット
バッグ挿入法の豊胸
脂肪注入法の豊胸
ヒアルロン酸注入の豊胸
光豊胸手術とは
 
豊胸術・豊胸手術TOP | 豊胸の前に | 豊胸術・豊胸手術 | バストアップ豆知識 | リンク集 |